インフォメーション

柱状改良工法とは、ネットではこのように書いていました。 軟弱地盤の土にセメントミルク(セメント系固化材と水を混ぜたもの)を注入攪拌して、地中に柱状の改良杭をつくる工法。 軟弱層がGL-2.0mを超えてGL-8.0m程度まで分布している場合に適用。ただし、軟弱層のほとんどが腐植土である場合、産業廃棄物・生活廃棄物が堆積している場合、伏流水がある場合、元沼沢地で盛土造成後すぐに建物を建てる場合等は適用しない。 改良深度を決める際の良好地盤とは、原則として粘性土でN値>3、砂質土でN値>4が連続する地層をいう。 工期は通常1日から2日。 低騒音・低振動施工で近隣に迷惑をかけない。 セメント系固化材は、無機質系無公害。 工事は午前中で終了。次の工事は月曜日とのことでした。基礎工事かも・・・
トップへ戻る