インフォメーション

お待たせしました。いよいよ飲み比べの結果です。
それぞれの器具で、浅煎り、中煎り、深煎りの三種類の豆を使った場合の味わいの違いについてまとめます。
まずはペーパートリップ。
ペーパートリップのベストな一杯は、中煎りの豆という結果でした。
酸味、苦味、甘み、三つのバランスがとても良いようです。
次に良さそうなのは、深煎り。
「これぞ、ザ・コーヒー」とのコメントがついていました。やはり、誰もが苦味の旨さにコメントしていました。
浅煎りは、やはり酸味が強調されるようです。
浅煎りに関しては、他の抽出方法の方が安定します、との総評でした。

カフェ ら・さぼうる
トップへ戻る