インフォメーション

2013.06.29 (Sat)  17:34

コーヒーの豆知識32 その2

 

 

 

 

さて、クレバードリッパーの紹介です。

 

 

 

 

 

こちらは、台湾で発明されたもので、シリコン樹脂製のストッパーが下部にあり、マグなどにドリッパーを載せたときのみストッパーが開き、コーヒー液が下に落ちる仕組み。持ち上げるとコーヒーが落ちるのが止まります。

 

 

 

使い方としては以下のとおり。

 

1、ペーパーフィルターをドリッパーにセットして、コーヒーの粉をクレバードリッパーに入れます。

 

2、沸騰したお湯を注いでフタをします。1分半経ったら、一度フタを取って

 

コーヒーの粉とお湯を撹拌します。

 

3、抽出終了の時間(標準で4分)になったら、フタを外して、最後にもう一度撹拌。

 

4、クレバードリッパーをマグカップもしくはコーヒーサーバーの上にのせると液体が落ち始めます。

 

 

 

フィルターは、カリタやメリタ用のものが使えます。

 

入れ方としては、フレンチプレスを良く似ているといってもいいのかもしれません。

 

 

 

ただし、ペーパーフィルターを使うので、フレンチプレスほどにはオイルが多くは無いのですが、粉っぽさも少ないようです。フレンチプレスの粉っぽさが苦手な人にはお勧めかも・・・。

 

そういった意味で、謳い文句としては、フレンチプレスとペーパードリッパーのいいとこ取りをしたものということになるようです。

 

 

 

さて、その実力や如何に?!

 

 

カフェ ら・さぼうる