インフォメーション

2013.05.28 (Tue)  12:48

コーヒーの豆知識28

スペシャルティコーヒーではなく、通常の?コーヒーのテイスティングでは、香り、酸味、ボディ、そして全体の印象としての風味が評価されます。

 

テイスティングの方法ですが、味わい方には4つのステップがあります。

 

1:香り

カップから立ち昇る香りを嗅ぎます。

更に、カップを軽く回すと香りが立ちます。それを逃さないようにしましょう。目を閉じると嗅覚に集中できます。

 

2:すする

お茶をすするようにして、口に含みます。空気と一緒にすする(口の中で霧にするようなイメージ)のがポイント

 

スプレーのようにコーヒーを噴射し、口の中にまんべんなく行き渡らせます。同時に、口に入ってきた瞬間の印象も覚えておきます。(パーンときたか、ふわっときたか、とか。)

3:舌で感じる

舌にはいろんな場所にセンサー(甘さ、塩味、酸味、苦みなどを感じ取るもの)があります。刺激を感じる部分を探してみましょう。最重要ポイントは2つ。すっきり感を意味する酸味(舌の両側で感じます)と、余韻の強さを意味するコク(舌の奥の方で感じます)です。

 

ステップ4:表現する

飲んでない人が味をイメージできるように。

 

人前でコーヒーをすするのは少し気が引けるかもしれませんね。その場合は自宅でゆったりと美味しいコーヒーを淹れて、豆の新鮮さ!(何と言っても鮮度が命!)、品質の良さ、淹れ方の上手さ、を確かめてみてください。

 

カフェ ら・さぼうる 

 

引用元:

 http://gutchino.com/2013/04/21/tasting/