インフォメーション

ベトナムコーヒーは独特の淹れかたをするとお話しました。
なかでも、これからの季節にお試しいただきたいのが、ホワイトコーヒー
ベトナム式の専用器具で抽出した深炒りコーヒーにコンデンスミルクをたっぷり注ぎ、氷を加えたベトナムのアイスコーヒーです。
香り、コク、苦味、甘みが絶妙でクセになる美味しさ。 ただ、甘い物が苦手な人には合わないかも・・・。ベトナムでは口直しにジャスミン茶を飲むことが多いそうです。
 
コンデンスミルクを使う理由は、冷蔵庫が普及していなかった時代、ベトナムでは新鮮なミルクが手に入りにくかった。その代用として常温保存が可能なコンデンスミルクが使われたのが始まりだとか。

 

ベトナムコーヒーの淹れ方

 

1.ベトナムコーヒー用の豆又は深煎りの豆

2.ベトナムコーヒー用のフィルター

3.コンデンスミルク(無しでもよい)

4.ジャスミンティ(無くてもよい)

 

準備

    フィルカーカップに豆をコーヒースプーン山盛り3杯入れる

    蓋を裏返して、8分目までお湯を入れる

蒸らし

    フィルターカップをお湯がこぼれないように、そう~っと蓋に入れたお湯に漬ける

    フィルターカップの中のコーヒーがお湯を吸収していき、蓋の中のお湯が減っていくのを待つ

    蓋の中のお湯がなくなったら、押さえを使ってフィルターカップの中のコーヒーをしっかりと押さえる

コンデンスミルク

    グラスに底から7-10cm程度になるまでコンデンスミルクを入れる。ブラックがお好みの方は、コンデンスミルク抜きで・・・

抽出

    グラスにフィルター皿を載せ、その上にフィルターカップを置き、熱湯をフィルターカップいっぱいに入れてから蓋をする

    しばらくするとコップの内側に水滴がついてくる。もう少し待てばポトポトとコーヒーが落ちてくる

完成

    コーヒーが落ちるのが止まったら、蓋を取ってお湯が残っていないかを確認する

    残っていなければ、今度はフィルターカップを持ち上げて、フィルター皿にコーヒー液が残っていないか確認する

    フィルター皿にもコーヒー液が残っていなければ完成

    ベトナムの方は甘いもの好きとのことなので、お好みでお砂糖を加えてください

    コンデンスミルクが底にたまっているので、よくかき混ぜてお召し上がりください

あと後片付け

    蓋をとってテーブルの上に裏返しにおき、フィルターカッ

がプをフィルター皿ごと持ち、裏返した蓋の上に置きます。

アイスコーヒー

    これからの時期、冷たいベトナムコーヒーがお好みの方は、ここに氷を入れましょう。

口直し

    飲み終わって残った氷にジャスミンティーを注いで口直し・・・。ベトナムの屋台ではジャスミンティーの入ったボトルがデンとテーブルに置かれたりするとか。

    コーヒーも飲み放題だったりするそうです

 

いかにも個性的なベトナムコーヒーですが、2度、3度と飲んでいるうちに病み付きになるのだとか・・・

一度といわず、2度、3度お試しになりますか?

 

カフェ ら・さぼうる

 

引用元:

http://www1.ocn.ne.jp/~watazo/VietnamCoffeeManual.htm

トップへ戻る