インフォメーション

フォカッチャ

フォカッチャ(Focaccia)とはイタリア生まれの平たいパン。
オリーブオイルやハーブで味をつけしてそのまま食べたり、ハムや肉や野菜、チーズをはさんでサンドイッチとして食べられる事も多い。
イタリア北部ポルトフィーノの郷土料理で、プーリア、リグリア地方のものが特に有名とか。所によっては家族のお祝いごとに普段料理をしない父親が作って提供する習わしがあるとのこと。
ピザの原型とも言われている。

作り方は、
強力粉、食物油、水、塩、イースト菌などを原料とした生地を麺棒か手で厚く押し延ばし焼き上げる。
「フォカッチャ」とは、イタリア語で「火で焼いたもの」という意味らしいので、本来は石釜で焼くものらしい。

日本ではあまり普及していないが、飲食店で最近見かけることも多くなってきた。

バターを使わずに焼き上げるので、健康やダイエットにも良さそう。

ら・さぼうるでは、11:30まで提供しているワンコイン モーニングのAとして提供するオーナーこだわりの一品。バラスミコ酢を垂らしたオリーブオイルと共に提供しています。
ヘルシーメニューをお好みの方は是非お試しください。

カフェ ら・さぼうる

引用元:
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/フォカッチャ#section_1

トップへ戻る