インフォメーション

おはようございます。

今朝は風が強そうです。今日のお花見を予定していた方はちょっと残念といったところでしょうか。満開の桜が散ってしまわないように願いたいものです。お出かけ時には突風にご注意ください。

 

さて、いろいろな抽出方法があると紹介した中で、私がまだ経験したことがないのが“トルコ式コーヒー”。

 

経験がないので、以下はUCCのホームページからの転載。です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中近東などで飲用されているスタイルです。銅または真鍮製の、長い柄のついたひしゃく型抽出器具(“イブリック”や“ジャズベ”と呼ばれます)を使って、煮出して抽出します。

このスタイルでいれている地域では、飲んだあとのカップに残るコーヒーの微粉をソーサー(受け皿)に移し、その模様で占いをしたりします。

 

必要な器具

トルコ式ミルのような専用ミルがない場合は、極細挽き(エスプレッソを抽出するときの挽き方)に挽けるミルがあれば良いでしょう。また、専用コンロでなく、ご家庭のコンロでも作れます。

適したコーヒーと分量深炒りのコーヒー豆を、専用のミルなどを使って小麦粉のような微粉状にして使います。

1杯分のめやすはコーヒー67gに対して、水は6070cc程度です。

お好みで5g程度のシュガーを加えても。

 

おいしいいれ方

コーヒーの粉と水を入れます。

 

イブリックに、微粉状に挽いたコーヒーの粉と水を入れます。シュガーを入れる場合は、ここで一緒に加えます。

 

火にかけます。

 

ごく弱火にかけて、スプーンで混ぜながら温めていきます。

 

煮出します。

 

泡が吹きたってきたら、火から降ろします。スプーンで軽くかき混ぜてから、再び火にかけます。これを3回ほど繰り返して、コーヒーを煮出していきます。

 

カップに注ぎます。

 

煮出したコーヒーを小ぶりのカップに注ぎ、少しそのままにして、コーヒーの粉が沈んでから、上澄みを飲みます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

一度挑戦して、自分の運勢も占ってみようかと思います。

 

カフェ ら・さぼうる

 

http://www.ucc.co.jp/enjoy/take/more/master/turkey.html

トップへ戻る