インフォメーション

2013.04.04 (Thu)  08:16

コーヒーの豆知識4

美味しいコーヒーを淹れ(るには、何よりも高品質で、新鮮な豆が必要です。
同じ豆を使っても、淹れ方により味わいが違ってきますが、一般的には、次のような味・香りの傾向か あると言われてます。
ネル(布、厚手 天竺木綿か 最適)ト リッフ
コーヒー豆の美味しさを最高に引き出すと言われています。
抽出されたコーヒーは、甘味やまろやかさ、コクか 際立っています。
ただ、ネルの手入れが大変で、手入れが悪いとそれがコーヒーの味に悪影響を与えます。

ヘ ーハ ート リッフ
味の点て はネルト リッフ には及びませんが、手入れの簡便さと誰か 淹れてもほほ 同じ味が出せるので、広く普及しています。
ポイントは、約30秒の蒸らしと湯の注ぎ方。
湯の注ぎ方にも各種ノウハウがあるようですが、私の好みは、出来るだけ穏やかに湯を注ぐこと。
分割投入、500円硬貨程度の円の大きさで、「の」の字を描きながら注ぐのは勿論ですが、出来るだけコーヒーの粉が暴れないように気をつけています。あまり慎重になると抽出に時間がかかり、雑味が出てしまうので気をつけましょう。
安定した味が出ると言いましたが、この注ぎ方の違いで味に差が出ます。
勿論、カリタ式やコーノ式など器具によっても味は様々。ペーパードリップも奥が深いのです。因みに、ら・さぼうる では、カリタ式のペーパードリップを主体としています。

サイフォン
見た目の演出効果が高く、かつての喫茶店などでは主流でしたが、最近はあまり見かけなくなったように思います。
美味しく抽出するのは意外と難しいと思います。
小さいながらもネルを使うので、お手入れは慎重に…。

カフェ ら・さぼうる
図は、
http://item.rakuten.co.jp/coffeein/c/0000000280/
から引用させて頂きました。